イヤと言えない関係は脆く壊れやすい

イベントや勉強会のお誘いをする時、
少し前まで最後に必ず入れていたフレーズがある。

「無理しなくてもいいからね。」

どんな意図で書き添えているかといえばズバリ
「興味がないのに断れない」と気の毒だという思いがあるからだ。

実際に今までは、そんな「イヤと言えない人たち」を沢山見てきた。

・身近な人であればあるほど
・親しくなればなるほど
・好きであればあるほど
・憧れているほど

「イヤ」という本当の気持ちが言えなくなるというのが特徴だ。

本当の気持ちを伝えたら関係が壊れてしまうのではないかという本能的な恐れと、
相手の気持ちを傷つけたくないという優しさの現れだと思う。

私にも、そんな時期があったので。
気持ちは理解できる。

だけども、そーゆー関係は脆く壊れやすい。

ストレスを生むだけで。
結局、長続きしない。

そんなの求めてないんです。

「無理しなくてもいいからね。」
もしかして、このフレーズもいかんのかも、と思い立ち。

最近、フレーズ変えました。
「ご興味がおありでしたら是非~♪」


この言葉に裏も表もありません。
「興味がなかったら来なくていいからー」ってことだから。笑

イヤなら正々堂々と断ってください。

嫌いな人、興味の無い人に「イヤ」と言うのは簡単です。
好きな人、憧れてる人に「イヤ」と言うのは勇気がいります。

あなたは、ちゃんと伝えることができていますか。

本当に良好な関係は、これっぽっちのことで壊れるほどヤワじゃないよ!

0コメント

  • 1000 / 1000