「人」ではなく、起こった「事実」に目を向けよう

4月17日から始まった「春の土用期間」

・土の神様が支配している時期
・『氣』が乱れる時期

ということで、やらない方が良いことや制限が多い時期でありますが。
(詳細はコチラ⇒『春の土用期間が始まります。』)

自分自身の心のあり方を見つめ直し、
必要のない思考を「手放す」にはうってつけ。

俗に言う「断捨離」ね。

特に今年は1年を通して「大転換」を示す『氣』が流れてるので、
『今の自分を変えたい!』と願っている方には絶好のチャンスよ~♪

さて、そろそろ本題に。

今日のピックアップは『怒り』です。
あなたは『怒り』を上手にコントロールできていますか?

・今まさに『怒り』の感情を爆発させている人
・過去の『怒り』に囚われている人
・『怒り』をバネにして前へ進む人

これを読んで何か感じることありませんか?

私はね、『怒り』のエネルギーって、めっちゃ強力。パワーがスゴイなーって感じます。

実際、『怒り』を発動すると、疲れるしね。体力も気力も消耗してるってことですよ。

10代とか20代とかね、体力が有り余ってる若い頃はあまり気にならなかった。
でも、30代、40代になってくると、さすがにねー。心身ともにキツイ。

自分でない誰かの『怒り』を傍観しているだけでも、どっと疲れるわけですわ。
そんな状態で、何かにエネルギー注げると思う?

なぜに、それほど怒れるのか?
人間ウォッチングをして見えてきたのは…。

「人」に怒りを発動しているケースが非常に多いということ。

まぁね、気持ちは理解できる。
実際、若かりしときは私もそーゆーことあったし。


でもさー。他人は他人。他人の考え方や行動を変えることってできないのよね。
そこにエネルギー注ぐのって、かーなーりー無駄。

『あなたの大事なエネルギーを、あなた自身のために使えていない』

この現状を変えたい!!と願うなら。
ちょいと視点を変えてみたらどうか、と思うの。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「人」ではなく、起こった「事実」に目を向けてみる。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「罪を憎んで、人を憎まず」

そーいえば、遠山の金さんも言ってたわね。
背中の桜吹雪が素敵だった。

0コメント

  • 1000 / 1000