「象意」が分かると面白くなる

吉貯金を続けられている大きな理由がひとつある。

それは、「象意」が分かるようになったこと。


象意とは、方位に関連している事象や現象のことで。

吉貯金の場合は「吉、ちゃんと取れてるよ」というサインだ。


具体的にはこんな感じで分かる。

*********************************

吉貯金をした帰り道、突然雪が降ってきて、家に着くころに止んだ。

*********************************


この日は一白水星が回座する方位で吉貯金をしていたんだけど。

傘を持っておらず、「なんで雪なんか降ってくるんだよー!!まったくツイてねーゼ。(`ヘ´#)」と少々お怒りモードへ突入。


でも、調べてみたら「雪」が象意で、「吉、ちゃんと取れてるよ」サインだった。

それを知った途端、「イェ~イ」とピースサインで踊り出す。


…という具合。笑


味噌汁に例えるならば、「象意」は「出汁」だ。

「象意」なくして「吉貯金」の面白さは語れない。

0コメント

  • 1000 / 1000